ソフトヤミ金は利息のみを求める

最近「ソフトヤミ金」という言葉を聞いたことがありませんか。「ソフトなヤミ金なんだから、闇金よりは借りやすい」とお思いの方、それは大きな誤解です。

 

ソフトヤミ金業者は、自らを「ソフトヤミ金」と言ってはばかりません。

 

利用者の先ほどのような誤解が、ソフトヤミ金を助長している理由でもあるわけですが、ソフトヤミ金は、ある意味ヤミ金よりもタチが悪いかもしれません。

 

 

最初からソフトヤミ金で借りる人はいない

多くの方は、いきなりソフトヤミ金に手を出そうとはしないでしょう。まずは手持ちの現金で何とか対処して、それでもだめでしたらクレジットカードについているキャッシングを利用します。それでも足りなければ、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを利用するでしょう。

 

大手消費者金融で貸してくれなければ、街金が比較的柔軟な審査でお金を融資してくれます。ここまでは合法的な貸金業者なのですが、いわゆるブラックリストに名前が掲載されている人ですと、街金ですらお金を借りるのは難しいかもしれません。

 

ヤミ金の前にソフトヤミ金

それでもどうしてもお金の工面をしなければならないのであれば、ここでこれまではヤミ金の登場でした。

 

しかし、闇金にはあまりにも怖いイメージが付きまとっています。「暴利をむさぼる」「取り立てが暴力的」などです。それを敬遠する人たちがヤミ金の前に手を出すのが、「ソフトヤミ金」です。

 

ソフトヤミ金であるとしても正規の業者で借りられない人、返済日が迫っているのに借金が返せない可能性がある人に対して貸し付けを行っているので、非常にリスクの高い危険な借り入れ先となります。

 

ソフトヤミ金は利息収入を求めている

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、街金やあるいはヤミ金でさえ、借りたお金を返済することを求めます。

 

ここでいう借りたお金とは、元金と利息のことです。ただし、ソフトヤミ金は必ずしも借金完済を望んではいません。普通ならば借りた金は返せと言ってくるものですが、ここがソフトヤミ金のたちが悪い点です。

 

ソフトヤミ金の金利はヤミ金ほどではありませんが、それでも法定金利をはるかに上回る違法金利であることには違いありません。もちろん、そんな違法金利で貸し付けられて元金と利息をきれいさっぱり完済できるわけがありません。

 

しかしソフトヤミ金は、それでもよしとします。

 

というのも、元金が返済されなくても、最低利息返済があるからです。利息返済はしているが元金は一向に減っていかないので、延々と支払いを続けていくことになります。

 

やがて、もともと借りた元金をこれまで返済した利息が上回っても、まだソフトヤミ金の手は緩みません。

 

ヤミ金のリスクを避けるためには

ヤミ金の被害を避けるためには、とにかくそのようなところからお金を借りないという事が一番ですが、世の中には様々な金融機関がありますし、ヤミ金によってはパッと見てすぐには分からないような金利を設定している所もあので注意が必要です。

 

お金に困った時にヤミ金とは気が付かない内に、知らず知らずにお金を借りてしまうということも十分に考えられます。

 

今からお金を借りようとしている金融機関がヤミ金かどうか判断する為には、まず金融機関の連絡先が固定電話か携帯電話のみかに注目すると良いでしょう。

 

貸し金融業者として登録、広告を出すためには固定電話のみの表記が義務付けられているので、摘発のリスクを恐れて携帯電話を連絡先としているヤミ金はその方法で見分ける事が出来ます。

 

更に正確な情報を求めるならば、金融庁のページで正規の貸し金融業者として登録されているかどうか確認するのが確実です。そこで登録されているか確認する為には登録番号や商号、電話番号などの情報が必要になりますが、そもそもそれらの情報が得られないなら対象の金融機関は利用しない方が良いでしょう。

 

こうして事前に調査を怠らないことによって、ヤミ金のリスクを極力避ける事は出来ますが、お金が必要になるときというのは心に余裕が無かったり、時間に迫られている場合も多いので、普段からそうした事態に対処する知識や心構えを身に付けておきましょう。

 

そもそもヤミ金は金融機関でも貸金業者でもないので、違法な貸し付けとなる返済の義務がない契約内容となっています。法外な利息請求にももちろん応じる必要はないので、安全に解決をするためにもヤミ金の無料相談による専門家の解決に任せましょう。